「今週の振り返り」カテゴリーアーカイブ

2017年京都記念振り返り

こんにちは!

サイタクです!

今日は京都記念の振り返りを書いていきます!

明日はフェブラリーSのフォトパドック診断を公開予定です!

まず、京都記念のパドックを見た印象は全体的に仕上がりが甘く混戦になるなと感じでした。

1番人気の③マカヒキはダービー時に比べると仕上がりが甘くとても推奨できるようなデキには見えませんでした。しかし、全体のバネは健在で能力は高いな思ったため2番手評価としました!

そんなパドックで1番良く見えたのは⑨ミッキーロケットでした。この馬は今とても充実しています!1戦ごとにどんどんしっかりしてきていてデキが落ちることなどは全くありません。しかし、今回のレースでは出遅れてしまいそのロスが最後まで響きました。

3番手であげた勝ち馬の⑥サトノクラウンはフォトパドック診断の段階では太くて厳しいかなと思っていましたが、さすがは堀厩舎です。しっかりと太目感は取り除いていました。おそらくこの馬は輸送で結構減らす馬なのでしょう。筋肉面もまだ完調ではなかった今回でも押し切るのですから力をつけています。今後の活躍がとても楽しみな5歳馬です!

さてレースについて振り返っていきます!

まずスタートでパドック1番手評価の⑨ミッキーロケットが出遅れるという個人的波乱が起きました。逆に②ヤマカツライデンは好スタートで後続をぐんぐん引き離して大逃げを打ちました。その後ろにスマートレイアー、サトノクラウン、ガリバルディが並ぶ展開でその後ろにマカヒキがつけ1コーナーへ入りました。この時出遅れたミッキーロケットは最内のラチ沿いへ和田騎手は馬を誘導しました。

戦前からヤマカツライデンが大きく逃げることは多くの人がわかっていたことで、その馬に誰が競りかけていくのか、それとも自分の競馬に徹して放っておくのかがポイントだったと思います。

その競りかけ役を買って出たのが大外枠からスタートした距離に多少不安のあるガリバルディでした。これはちょっと予想外でした。後方からしまいにかける競馬だと思っていたので衝撃的でした。

2コーナー入口までで隊列は縦長逃げたヤマカツライデンと早め2番手につけたガリバルディをいかせて1頭ぽつんと3番手を確保したサトノクラウンは絶好位ですね。その後ろに内スマートレイアー、外マカヒキと続く隊列で5着と頑張ったアングライフェンはマカヒキを目の前に見る形でレースを進めていました。その内の身動きが取れないポジションにミッキーロケットは結果的に入ってしまいました。

1000m通過は大逃げを打ったヤマカツライデンで1分ちょうどですのでペースは落ち着きました。

3コーナー手前でガリバルディがヤマカツライデンをつつきに行きました。このあたりからペースが上がります。

3番手のサトノクラウンは4角手前から手を動かして勢いをつけて直線に向かいました。スマートレイアー、マカヒキもサトノクラウンを目標についていきます。ここでアングライフェンも一緒に動き、やっとミッキーロケットは動けるスペースができます。

最後の直線のたたき合いは外から先頭に立とうとするマカヒキをサトノクラウンがねじ伏せるように伸びて1着でした。

サトノクラウンの持続力に長けた脚は前走の香港で証明済みでしたが、この状態でも頑張るのですから根性がある馬です。

マカヒキは緩い馬場と持続力を求められる展開になりこの馬には不向きな競馬でした。しかし、この競馬で距離は問題なさそうだと確認できたことが個人的には大きな収穫です。マカヒキはまだ3段階くらい上の状態を持っている馬なので次走の大阪杯、さらにはその後の中距離路線での活躍は期待せずにはいられません。(サトノダイヤモンドの方が現時点では強くなってしまっているかもしれません)

2着に頑張ったスマートレイアーは高齢の牝馬ですがとても良く頑張っています。さすがにこれ以上の上積みは見こめませんが、オーストラリア遠征はぜひ頑張ってタイトルを取って帰ってきてほしいと思います!

4着ミッキーロケットはゲートですね。その課題を克服しないとサトノダイヤモンドにもマカヒキにも太刀打ちできません。

5着アングライフェンはこれくらい走れることがわかったわけですから、次走のデキと走りがとても気になる1頭です。おそらく馬場があったことも多少影響しているとは思いますが、頑張ってほしい1頭です。

その他は質問があればお答えします!

以上京都記念の振り返りでした!

明日のフォトパドック診断おたのしみに!!

2017年共同通信杯振り返り

こんにちは!

サイタクです!

今日は共同通信杯、明日は京都記念振り返りの2本立てで記事を書いていきます。

まずは関東クラシックの登竜門共同通信杯(GⅢ)の振り返りです。

最終的な単勝1番人気は④ムーヴザワールドで2.8倍でした。

まずゲートですが⑦ビルズトレジャーがずっとお行儀悪かったですね。そのビルズトレジャーは案の定出遅れ、さらに⑨チャロネグロ、⑩アサギリジョーも出遅れましたね。出遅れが心配されていた①スワーヴリチャードはそっぽを向いてやや伸び上がりながらのスタートでした…
難しい馬です

次に2コーナーの入りで③タイセイスターリーはだいぶハミを噛んでいましたね。頭も上げていましたしこの馬は控えるのは難しいんですかね…

向正面に入るところで2着馬⑧エトルディーニュがスッと外目3番手に付けましたね。この判断がこの好走を生んだと思います。この馬の後ろで⑤エアウィンザー、1番人気の④ムーヴザワールドが頭を上げてますね。①スワーヴリチャードは多少頭を上げていますが我慢できているように見えます。⑤エアウィンザーはここで位置を下げたのが結果的には良くなかったのかもしれません。しかし、⑤エアウィンザーはここ以外はスムーズだったのでまだ能力的に厳しいのかなといったイメージです。

3コーナーをカーブしてからは④ムーヴザワールドの走りも悪くありません。1000m通過が1.00.5と想像よりは前が速いペースで引っ張りました。そのペースをコーナーで捲っていった⑨チャロネグロはさすがに厳しいですね。この馬はこれから競馬が上手にならないと厳しいでしょう。

直線に向いてからは④ムーヴザワールドは終始追ってステッキが入っていますが①スワーヴリチャードは進路も確保できまだ手綱は動かずに200m標識まで走っていました。ここらで③タイセイスターリー左手前で走っって明らかに苦しそうですね。その横の⑧エトルディーニュはじりじりと伸びています。

①スワーヴリチャードは抜け出してからも余裕がある走りでゴールまで駆け抜けました。④ムーヴザワールドは現時点ではスピードに乗るまでに時間がかかるように馬ができあがっていないという大きな欠点があります。能力的には⑧エトルディーニュに負ける馬ではありませんが現時点では⑧エトルディーニュの方がいろいろな面で上です。⑧エトルディーニュはそんなに弱い馬でないので今後も期待していいと思います。

①スワーヴリチャードはゲートをもう少し克服してくれればダービーはもちろんのことながら皐月賞の舞台でも十分通用するでしょう。

 

全体的に総括すると今年の牡馬クラシックはそんなにレベルが高くないのでスワーヴリチャードはクラシックでも好走できるレベルにあります。

エアウィンザーはちょっと厳しいですかね。馬のバランスは良くて能力はありそうなんですがすべてが平均的に良くて飛び出たところがないのでなにかバランスが崩れると今回のような惨敗もあり得る馬です。

最後にムーヴザワールドはフォトパドック記事にも書きましたが、夏を過ぎてから良くなる馬です。まだ筋肉にメリハリがなくこのレベルで勝ち負けするのは厳しいでしょう。今後どれだけよくなるか楽しみな1頭ではあります。

今週の振り返り

こんにちはサイタクです!

今週のブログ予想は2日トータルで7万5990円のプラスで終えることができました。

三連系の馬券が好調だったのと1着固定がいいほうにでたレースがたくさんありました!

今までから買い方を一新して点数をより少なくローリスクで買うことができる買い目にしましたのでぜひ1度見てください!

来週は台風の影響で傾向が変わってきそうなので注意が必要です!

各競馬場の芝コースはかなり内より外が伸びるようになってきています!

札幌競馬場は今週からCコース替わりで大雨でしたから馬場には少なからず影響はあるでしょう。そこを予想において考慮する必要があります。

夏競馬も残り2週間になりました!今週は来週傾向が変わる可能性があるため馬場傾向の振り返りと予想はしないようにしておきます。

JRAから金曜日に発表される馬場情報は必ずチェックすることをおススメします!

今週の振り返りは短いですがこれで終わりにさせていただきます。

質問は随時なんでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

今週の振り返り(8/13・14)

今週もブログ予想はダメでした…

おそらく勝負レースを増やしすぎたこと、当たっても堅かったことが原因ではないかと分析しています。また、馬場読みもやや外れていましたのでそのあたりが的中率に影響したと思います。

さて、来週の成績を上げるために馬場傾向のチェックをしていきます。

まずは来週注目の札幌競馬場
芝コースはややイン有利でしたがこれは小回りの競馬場特有のものでしょうから馬場はフラットで前に行った馬が有利という今まで通りの傾向が来週以降も続いていくでしょう。
ここでちょっと触れておくと馬場はやや力が必要になってきています。洋芝が得意な種牡馬の産駒が来週から台頭してくるかもしれません。
このポイントは注意して見なくてはいけません。
ダートは時計が速いです。これだけ速いと直線追い込みとかはちょっと難しそうな馬場です。前にいってどれだけ踏ん張りを利かせられるかが勝負の分かれ目になりそうな馬場です。先行して最後まで脚が使えるタイプの馬から買うといいでしょう。

次に新潟競馬場です。
芝コースはエアレーションが踏み固められて内側が有利と予想しましたが、実際は外がまだまだ伸びでしたね。このままだとおそらく最後まで外伸びになってくると思います。来週も長く脚を使える馬を中心に予想していこうと思います。
ダートコースはやはり前ですね前に行けば大きくは崩れません。前に行く馬から買いましょう。

最後に来週北九州記念の行われる小倉競馬場です。
芝コースはエアレーションが踏み固められて内有利かと思いましたが、内の馬場が悪くなるのが早く、外伸びがこのまま続きそうな様子でした。内側で前半頑張りすぎてしまうと後半外から差されてしまうかもしれません。内を通って内から抜け出すのは厳しいかもしれません。
ダートコースは超ハイペースにならない限り前が有利です!

3場については以上です!明日札幌記念と北九州記念の1週前予想を公開します!

質問は遠慮なくどんどんどうぞ!

 

今週の振り返り(8/6・7)

こんにちはサイタクです!

みなさん先週の競馬はどうでしたでしょうか?

今週のブログ予想は散々な結果となってしまいました。

たくさんの方に見ていただいているにも関わらず結果を出せずに申し訳ありません。

相手が抜けるというのが多く本命が来ているだけに…
と思うことも個人的に多くありました。

小倉記念に関しては先週の振り返りにおいて内伸びと述べておきながら真ん中よりの馬から買うという失態を犯してしまいました。
来週はそのようなことがないように気をつけていきます。

さて今週の各競馬場の馬場傾向についてみていきます。

まず札幌競馬場です。

芝コースは相変わらずインが有利。ロスなく運ぶことができた馬はだいたい馬券に絡んでいる印象です。5.6番手のインから進めた馬が一番馬券に絡みやすい馬場だったといえるのではないでしょうか。まだ外差しが顕著な馬場になっているような印象は受けませんでした。まだ札幌開催も前半戦ですから外差しが届くようになるのは再来週くらいからではないかと予想しています。
ダートは前がなかなか止まらない印象でした。4角ではある程度の位置にいなくてはいけませんね来週はダート重賞競走のエルムSが行われますのでダートの傾向はしっかりと注意しなくてはなりません。

次に新潟競馬場です。

新潟競馬場の芝コースは今週の土曜日はエアレーションの影響が残り外がまだ伸びていました。ただ、日曜日は内の馬場も踏み固められてきて内を通った差し馬の台頭も目立ちました。来週からうちの痛みが目立ち始めるまではおそらく内を通った差し馬や先行馬の好走が多く見られるのではないかと予想しています。
来週新潟芝コースで行われる関屋記念も今のところ基本的には内枠先行有利と予想しています。
ダートコースもやはり先行有利が顕著でした。展開によっては差し・追い込みも数頭馬券に絡んではいますが基本的には今までと変わらず前が有利です。雨が降れば傾向が変わらないこともないのですが、なかなかそれはのぞめませんから来週も大きく傾向が変わることはないと予想しています。

最後に小倉競馬場です。小倉競馬場は先行有利ですが内で脚を溜めた差し馬も台頭していました。来週からもその傾向が続くと予想しています。エアレーションでほぐれた馬場が徐々に踏み固められてきていますので内の先行馬の台頭には引き続き注意しなくてはなりません。
ダートは展開次第で二転三転のあるバランスのいい馬場状態に見えました。こちらも変化があるかないかは天候次第でしょう。

以上3場について簡単ではありますがまとめました。
来週はこの振り返りをもとにいい予想ができればいいと思います!

質問を受け付けていますので遠慮なくどうぞ!