2017年共同通信杯振り返り

Pocket

こんにちは!

サイタクです!

今日は共同通信杯、明日は京都記念振り返りの2本立てで記事を書いていきます。

まずは関東クラシックの登竜門共同通信杯(GⅢ)の振り返りです。

最終的な単勝1番人気は④ムーヴザワールドで2.8倍でした。

まずゲートですが⑦ビルズトレジャーがずっとお行儀悪かったですね。そのビルズトレジャーは案の定出遅れ、さらに⑨チャロネグロ、⑩アサギリジョーも出遅れましたね。出遅れが心配されていた①スワーヴリチャードはそっぽを向いてやや伸び上がりながらのスタートでした…
難しい馬です

次に2コーナーの入りで③タイセイスターリーはだいぶハミを噛んでいましたね。頭も上げていましたしこの馬は控えるのは難しいんですかね…

向正面に入るところで2着馬⑧エトルディーニュがスッと外目3番手に付けましたね。この判断がこの好走を生んだと思います。この馬の後ろで⑤エアウィンザー、1番人気の④ムーヴザワールドが頭を上げてますね。①スワーヴリチャードは多少頭を上げていますが我慢できているように見えます。⑤エアウィンザーはここで位置を下げたのが結果的には良くなかったのかもしれません。しかし、⑤エアウィンザーはここ以外はスムーズだったのでまだ能力的に厳しいのかなといったイメージです。

3コーナーをカーブしてからは④ムーヴザワールドの走りも悪くありません。1000m通過が1.00.5と想像よりは前が速いペースで引っ張りました。そのペースをコーナーで捲っていった⑨チャロネグロはさすがに厳しいですね。この馬はこれから競馬が上手にならないと厳しいでしょう。

直線に向いてからは④ムーヴザワールドは終始追ってステッキが入っていますが①スワーヴリチャードは進路も確保できまだ手綱は動かずに200m標識まで走っていました。ここらで③タイセイスターリー左手前で走っって明らかに苦しそうですね。その横の⑧エトルディーニュはじりじりと伸びています。

①スワーヴリチャードは抜け出してからも余裕がある走りでゴールまで駆け抜けました。④ムーヴザワールドは現時点ではスピードに乗るまでに時間がかかるように馬ができあがっていないという大きな欠点があります。能力的には⑧エトルディーニュに負ける馬ではありませんが現時点では⑧エトルディーニュの方がいろいろな面で上です。⑧エトルディーニュはそんなに弱い馬でないので今後も期待していいと思います。

①スワーヴリチャードはゲートをもう少し克服してくれればダービーはもちろんのことながら皐月賞の舞台でも十分通用するでしょう。

 

全体的に総括すると今年の牡馬クラシックはそんなにレベルが高くないのでスワーヴリチャードはクラシックでも好走できるレベルにあります。

エアウィンザーはちょっと厳しいですかね。馬のバランスは良くて能力はありそうなんですがすべてが平均的に良くて飛び出たところがないのでなにかバランスが崩れると今回のような惨敗もあり得る馬です。

最後にムーヴザワールドはフォトパドック記事にも書きましたが、夏を過ぎてから良くなる馬です。まだ筋肉にメリハリがなくこのレベルで勝ち負けするのは厳しいでしょう。今後どれだけよくなるか楽しみな1頭ではあります。

Pocket

コメントを残す